蓼科壱番館ロゴ
予約

クーポン案内

トップページ
施設案内
お食事
アクセス
ニュース春夏
ニュース秋冬
観光情報
写真ギャラリー
お客様の声
お客様の声アンケート
日本リス君のページ
ご予約


電話案内



蓼科壱番館フェイスブック
フェイスブックページ♪
今の蓼科をお届けしています♪
[2013/05/17~]



Googleマップで
地図 




ヤフー天気





 じゃらん

 楽天トラベル



区切り線
写真ギャラリー ℡ 0266-69-3619(7時~22時)
メール
 
ピンバックナンバー
2018年  2017年 2016年 2015年
ピン八子が峰のご紹介        
ライン 
山歩きコースや周辺観光スポットのご紹介
ボタン ボタン ボタン ボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタンボタン ボタン ボタン ボタン


ボタン 目次 ボタン
[2019/09/17] 9月のバラクラ英国庭園
[2019/07/17] ニッコウキスゲが沢山花を咲かせています
[2019/07/01] レンゲツツジを見に霧ヶ峰まで窓を開けてのドライブ
[2019/04/04] 神代桜を見てきました
[2019/01/22] 諏訪大社4社巡りをしてきました
[2019/01/22] 「信州風樹文庫」を再訪しました
[2019/01/20] 尖石縄文考古館へ行ってきました
[2019/01/15] 寒天作り「イリセン」さんへお邪魔しました

ライン
[2019年9月17日]
中秋の名月も過ぎ 蓼科は秋を感じる季節になりました。
今日は #ダリア を見に行ってきました。
#バラクラ英国庭園 は、当館より8km 車で約10分。
ゆったりとしたひと時に 心も体もリフレッシュ出来ました(^▽^)/


ライン
[2019年7月17日]
ニッコウキスゲが沢山花を咲かせています。
車山肩はまじかで見ることが出来ます♪
車山高原スキー場の中腹は見頃です。
まだまだ蕾がたくさんあります(^▽^)/
今年は7月下旬ごろまで楽しむことが出来そうです。

ライン 
[2019年7月1日]
【レンゲツツジ】を見に霧ヶ峰まで窓を開けてのドライブ♪
「気持ちいい!!」
【ニッコウキスゲ】は可愛いつぼみが沢山です(車山肩群生地にて、約1cm)。
これから日に日に大きくなってドンドンと咲くのかな~

 【八島ビジターセンター】
最新の自然情報も出ているので、湿原に行かれる前に
お立ち寄り頂くことをオススメします♪

https://shimosuwaonsen.jp/yashima/visitor-center/
 ユリ科のアマドコロです
八島ケ原湿原にて
ライン

[2019年4月4日]
推定樹齢2000年の神代桜を 今年も見てきました(o^―^o)ニコ
満開で~す。
https://www.hokuto-kanko.jp/sp/sakura_jindai


ライン 
[2019年1月22日]諏訪大社4社巡りをしてきました♪
各御朱印受けられますよ。
今年も御神渡りが見れるかな~。

アップが遅くなりました
 上社前宮です。  御柱がそびえ立っています。
上社本宮です。   鳥居の後ろが御柱。
下社春宮です。  少し歩くと万治の石仏がありますよ。 
下社秋宮です。  後ろのイチイの木がご神木です。 

ライン
[2019年1月22日] 諏訪にある「信州風樹文庫」を再訪しました♪
あの岩波書店を創業したた岩波茂雄さんは諏訪出身です。
そしてななんと
信州風樹文庫には岩波書店から出版された全図書が所蔵されています。
興味のある方はぜひ訪問してみて下さいね。
今回とっても貴重なレオナルド・ダビンチの図鑑を見せて頂きました。
漱石の「こゝろ」の原稿も見ちゃいました。結構かわいい文字でした。

ライン 
[2019年1月20日] 尖石縄文考古館へ行ってきました♪

茅野市尖石縄文考古館に行ってきました。
国宝「土偶」(縄文のビーナス)と国宝「土偶」(仮面の女神)を見ることが出来ます。
4 5000年前の人々の生活に思いをはせると楽しい気持ちになります(^▽^)/
http://www.city.chino.lg.jp/www/togariishi/index.html

入り口です。  中に入ってみると囲炉裏がありました。 
縄文のビーナスと仮面の女神が出迎えてくれました。
さあ本物を見に行こう!! 
竪穴式住居は無料で見ることが出来ます。 


ライン
[2019年1月15日] 寒天作り「イリセン」さんへお邪魔しました♪

茅野市北山にある「イリセン」さん。
社長さんが実際に寒天を作っているところを
見せて下さいました♪
詳しいお話をお聞きすることが出来て、とても勉強になりました。
冬のおすすめスポットです(^▽^)/

 イリセンさんが作った商品が販売されています。 特別に試食させていただきました。
角寒天に味が染みていておいしい。 
角寒天を作る工程です。   洗浄され、泥や砂、貝殻などが取り除かれます。
蓼科のきれいな水もポイントです。
  テングサなどが原料です。
世界各地のきれいな海から、厳選され集められます。
大きな窯で煮ているところ。迫力満点!!
写真手前の大きな四角い窯でろ過します。 
諸蓋(もろぶた)という流し箱に入れて凝固。
そして 固まったところてんを「天切包丁」で切断。
 屋外に運び厳冬の夜間、寒気にさらして凍結させます。
(ここから車山の気象レーダーが見えます)
凍結後 冬の弱い日差しで融解、乾燥させてます。
いつもは雪の上に乗せます。 
使用後の水をきれいにする場所です。 
   
作業を効率化することを社長さんはいつも考えています。  イリセンさんの努力の賜物です。 

ライン